自分の記録
カメラ趣味から「写真」というものに気持ちが傾いてきたのはいつのころだろうか。
2005年のころ,中東正之さんという人の作品に出会った。
大阪の軍艦アパートや夜の景色を独特の雰囲気で撮っていた人で,その作風にすっかり魅せられてしまった。写真というものの力のようなものを初めて感じた。
ハッセル関係の掲示板で,中東さんの写真にコメントをしたのがきっかけだったような気がする。
自分も写真について勉強がしたい,通信の大学で学んでみようか迷っていると相談すると,大学に行かなくても学べるといって須田一政写真塾を教えてくれた。
同時に畠山直哉さんの名作「underground」を知る。中東さんも畠山さんもArcBodyを使っていることを知り,大阪のOSカメラにあった数少ない1台を何の迷いもなく購入していた。今までに買ったことがない値段のカメラだった。

ArcBodyを使って,中東さんや畠山さんの作風を真似ながら撮った作品を持って,東京の須田塾に参加した。
でも,人のまね以上のものはあるわけではなかったので,須田塾メンバーはやさしくほめてくれたが,須田先生は特に興味を示してくれなかった。舞台の書き割りのようだと言われた。
須田先生はもちろんだが,須田塾の人たちの作品は独特で,その世界に引き込まれるのにそう時間はかからなかった。はじめて半年くらいは,ArcBodyでいろいろ撮ってもっていたたが,他のメンバーの作品の影響で,いろいろな写真を撮るようになった。
撮る枚数も格段に増えた。常にカメラを持ち歩いて,とにかくたくさん撮った。
一番大きな変化は,自分の中での写真というもののあり方についてだった。
by takami_swc | 2012-01-03 13:15 | どうでもいいこと | Comments(0)
<< 自分の記録 自分の記録 >>